MENU

 エッチな内容のメールや即ハメの出会いを希望する男性からのメールも多くありましたけど、まずは心のつながりを持ちたいという自分の希望を理解してくれる年上の男性とのメール交換はとてもスムーズに続けていく事ができました。
彼は自分よりも年齢が上の43歳、とてもしっかりした大人の男性という感じがして、頼りがいのあるお兄さん的な存在だったのです。
自分の話も随分といろいろ聞いてくれたし、メールからLINE交換して通話をするような関係にもなってきました。
彼と会話をしていると心がとても落ち着く自分がいて、傷ついていた頃のような元気のない状況からは、脱出ができていたと思います。
このくらいになると同僚たちからも、最近また元気が戻ってきたなって言われるようになっていました。
それもPCMAXで知り合った男性と話が上手く進んでいるからに違いがあります。
かなりメール交換をしたし、LINEではさらに濃密な交流をしていく事もできましたから、自然と待ち合わせする約束をすることができました。
彼の誘いでゲイバーでお酒を飲むことになったのですが、連れて行ってもらったところが、とてもおしゃれで落ち着きのあるお店でした。
まさに隠れ家的な場所だったこともあって感激、そこでアルコールを頂きながらゆっくりと対面をして会話をすることができました。
見た目も男性的だけど、とてもきめ細やかな心配りができるような人だったのです。
こういう人だったらパートナーには最適だ、一緒に行けそう思うことができました。
彼の方も自分に対して好意を寄せているのが分りましたから、関係を作ってもいいかもしれないという気持ちになっていました。
最初のデートでも手を出してこなかったし、じっくりと話をしてく彼ら優しさを感じ取ることができました。